【「静止画ダウンロード」の違法化を行わないで下さい】
 海賊版対策として、既に違法化・処罰化された映画・音楽に続いて、静止画のダウンロードの違法化までもが政府の一部で検討され始めたので、反対の署名を始めてみました。関心のある方、拡散をよろしくお願いします。
t.co/g3RuK0iM6W

コラム「海賊版サイトブロッキングが去って、静止画ダウンロード違法化がやって来る?」
山田奨治 (国際日本文化研究センター教授)
jfsribbon.org/2018/10/blog-pos

図書館問題研究会さんから声明が出ました。
[滋賀県や北海道での有害図書指定の拡大に反対するとともに、消費税の軽減税率に係る「有害図書」の自主規制に反対するものです。]
tomonken.sakura.ne.jp/tomonken

今年3月の滋賀と北海道での研究書の有害図書指定について、日本マンガ学会(会長 漫画家の竹宮惠子さん)から反対声明が出ました。
・自治体による「有害図書」指定範囲の拡大に対する反対声明
jsscc.net/info/130532

・『エロマンガ表現史』への自治体による有害図書指定に関して
 太田出版さんからも10月17日付で声明が出ました。同時期に有害指定された『全国版あの日のエロ本自販機探訪記』(双葉社)の問題にも言及してくれているところに、出版人としての心意気を感じます。
ohtabooks.com/press/2018/10/17

2018年6月23日のうぐいすリボン講演会「北海道と滋賀県における有害図書制度の運用に関する論点解説」の模様が、京都新聞に掲載されました。
〔エロ「研究」書も有害図書? 滋賀県など指定に疑問の声〕
kyoto-np.co.jp/politics/articl

【追記】
 曽我部真裕先生の講演のスライドを公開しました。
「北海道と滋賀県における有害図書制度の運用に関する論点解説」
 jfsribbon.org/2018/05/blog-pos

【講演会10日前】
漫画研究書『エロマンガ表現史』と、自販機ルポ『あの日のエロ本自販機探訪記』が、有害指定されてしまった問題を、憲法学者の曽我部真裕さん(京都大学教授)が解説。ルポの筆者である黒沢さんも登壇。表現規制問題に関心のある皆様、ぜひご参加下さいませ。
kokuchpro.com/event/e7447f9803

平成29年度の事業・会計報告
特定非営利活動法人うぐいすリボンの昨年度の事業報告書・会計報告書を公開しました。
fields.canpan.info/organizatio

講演会告知:
「北海道と滋賀県における有害図書制度の運用に関する論点解説」
 講師:曽我部真裕さん(憲法学者/京都大学教授)
 日時:6月23日(土) 17時から
 場所:キャンパスプラザ京都
kokuchpro.com/event/e7447f9803 friends.nico/media/rJz4O_LF4Tt

北海道知事が『エロマンガ表現史』を、滋賀県知事が『全国版あの日のエロ本自販機探訪記』を有害指定した件が、朝日新聞(4月17日朝刊33面)で記事になりました。
asahi.com/articles/ASL4J51JGL4
(最後の方に理事:荻野のコメントもあり)

講演会「江戸の出版統制 ~近世という窓から現在を考える~」は好評のうちに終了しました。講師の佐藤至子先生と参加者の皆様に改めまして御礼申し上げます。
当日の資料等をアップしましたのでご覧ください。 jfsribbon.org/2017/12/blog-pos

中華人民共和国当局によるインターネット・ゲームの規制強化(アズールレーン等のケース)が話題になっています。この問題について中国共産党の情報通信政策等に詳しい中川幸司さん (経営学博士 北京大学大学院) に解説をして頂きました。
jfsribbon.org/2018/02/blog-pos

中華人民共和国当局によるインターネット・ゲームの規制強化(アズールレーン等のケース)が話題になっています。この問題について中国共産党の情報通信政策等に詳しい中川幸司さん (経営学博士 北京大学大学院) に解説をして頂きました。
jfsribbon.org/2018/02/blog-pos

講演会「江戸の出版統制 ~近世という窓から現在を考える~」
公益社団法人 日本図書館協会から後援を頂きました。
 jfsribbon.org/2017/12/blog-pos

講演会告知「江戸の出版統制 ~近世という窓から現在を考える~」

日時:2018年2月24日(土) 19:00〜20:30
場所:あうるすぽっと3階B会議室(豊島区立舞台芸術交流センター)
講師:佐藤至子さん(日本大学文理学部国文学科教授)

申込:kokuchpro.com/event/6cadec18f7

2017年10月に刊行された『江戸の出版統制 弾圧に翻弄された戯作者たち』が話題の文学者:佐藤至子さん(日本大学教授)の講演会を開催します。江戸時代の洒落本等の筆禍事件の歴史を振り返りながら、現代における美術作品やマンガ等の規制問題を考えます。

主催:うぐいすリボン friends.nico/media/IZ6a_8IDSDr

こちら、茜新社刊COMIC LOの公式アカウントでございます。
先日までは、名前をど忘れしてしまったのですがとあるSNS上で新刊・配信等の情報をお知らせしておりましたが、一身上の都合で今後はこちらでごやっかいになります。
まだ慣れていないので至らぬ点もあると思いますが、よろしくお願い申し上げます。

CNNやBBCが「マンガやアニメの性表現を規制しない日本はケシカラン」みたいな番組を放送するたびに、英語圏で反対の論陣をはってくれる米国コミック弁護基金。事務局長のチャールズが10月29日に東京で講演。ぜひご参加を!
kokuchpro.com/event/3dec6092f0

friends.nico/media/UkBgVikGK3_

CNNやBBCが「マンガやアニメの性表現を規制しない日本はケシカラン」みたいな番組を放送するたびに、英語圏で反対の論陣をはってくれる米国コミック弁護基金。事務局長のチャールズが10月29日に東京で講演。ぜひご参加を!
kokuchpro.com/event/3dec6092f0

friends.nico/media/UkBgVikGK3_

イベント告知:「米国コミック弁護基金ブラウンスタイン事務局長講演会」

日時:2017年10月29日(日) 19時~20時30分
場所:文京シビックセンター26階 スカイホール

要申込:kokuchpro.com/event/3dec6092f0

内容:
 米国コミック弁護基金事務局長のチャールズ・ブラウンスタイン氏を招いての講演会を開催します。
 マンガと社会をめぐる論争に関する世界の最新事情をご紹介頂くとともに、トランプ政権発足以降のアメリカで静かに進むマンガの販売や図書館配架をめぐる情勢の変化等についてもお話し頂く予定です。

通訳: 兼光ダニエル真さん

主催:コンテンツ文化研究会、NPO法人うぐいすリボン

friends.nico/media/Vn2QO2deKyZ

Show more
friends.nico

friends.nicoはドワンゴが運営するマストドンインスタンスです