工藤吉生@短歌 is a user on friends.nico. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

工藤吉生@短歌 @tanka@friends.nico

いいですよ隣の車輌にもうひとりオレがいたってかまいませんよ #

仰向けにさせてみたってリラックスできないようだ我が家の猫は

ありえない、ありうるなどと言い合っていると一面ゆうがたになる

赤信号わりと悠々渡ってる男見下ろすバスの座席に

貼り紙に近づいてみるとまったくの白紙 窓から誰か見ている

短歌研究2014年11月号【新進気鋭の歌人たち】に出した連作「魂の転落」10首です。

pleromaってどうなんだろな

オレに対し決定的な一言を持っていそうな沈黙の人

「高速バスで東京へ」

東京に向かって走るバスに乗る表彰されるために乗るバス

赤だけどわりと悠々渡ってるおとこ見下ろすバスの座席に

雨に濡れ乾いたままの窓ガラスを通して見える木々のざわめき

冬色の山をながめるこのバスの急カーブで落ちてくるリュックは

コンセントやトイレのついたバスもある話を聞いてからの無いバス

比較的若い男の多く乗る高速バスでふゆやまに雲

目の覚めるほどに真っ赤なトラックとあくびしている間にすれちがう

退屈になったらつけるイヤホンを意識しつつもまだ山の雪

こいのぼりのニセモノだらり泳いでる高速道路を乗せられてゆく

仙台だ そう思おうとしてみるとややむずかしい東京の街

文化的で人間らしい生活と耳に聞いても聞こえないふり

見れなくて涙流したこともある「となりのトトロ」のテレビ放送

九時を知らすチャイムが鳴って気がついて見上げた時計今まさに九時

ロッテリアのバケツポテトをつまみ食うバケツから食う人間オレは

スーパーマリオ短歌【11】

ノコノコと呼ばれし亀が名の通りいかなる策もなく近づきぬ

スーパーマリオ短歌【9】

疑問符をひらめかせつつブロックはマリオを待ちぬ地上に地下に

スーパーマリオ短歌【8】

ばきばきに空中煉瓦をこわしたるマリオのこぶし手袋のなか

スーパーマリオ短歌【7】

天高くマリオ跳びたり困難はおおかた跳べば越えられるなり

スーパーマリオ短歌【6】

踏みつけしマリオの圧はクリボーをぺしゃんこにせり青空の下